2007年04月12日

イチローとの対決

 
【ボストン11日時事】米大リーグ、レッドソックスの松坂大輔投手

(26)は11日、当地で本拠地フェンウェイ・パークでのマリナーズ

戦に先発登板し、7回3失点で敗戦投手となり、初黒星を喫した。注目

のイチロー外野手(33)とのメジャー初対決は投ゴロ、中飛、三振、二ゴロの4打数無安打に抑えた。

 松坂は5日、敵地カンザスシティーでの大リーグデビュー戦(ロイヤ

ルズ戦)で先発し、7回1失点の好投で勝利投手。この日が2度目の登

板で、本拠地で初めてマウンドに上がり、まずまずの投球内容だったも

のの味方打線の援護を得られず、1勝1敗となった。
 
昨年まで日本のプロ野球西武に所属していた松坂はプロ1年目の19

99年5月、当時オリックスのイチローと初めて対戦し、3打席連続三

振に仕留めた。以来、イチローとの対決は「平成の名勝負」として注目

を集めた。イチローが2001年から米国へ移籍したため、公式戦での

対戦は00年8月が最後で、今回が7年ぶりとなった。

イチローは松坂を意識しているのか打てないですねー

松坂も燃えるのかな




posted by 忍者 at 21:15 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。